自転車のレインカバーをつけっぱなしにするメリット・デメリット

ベビー用品

自転車のレインカバーをつけっぱなしにしたいという方も多いと思います。

晴れの日は外して、雨の日に着けてと繰り返すのは面倒だったりしますからね。

ちなみに私もつけっぱなしにしています。

ここでつけっぱなしはいいのかどうか迷うという方も多いと思います。

ということで自転車のレインカバーをつけっぱなしにするメリット・デメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自転車のレインカバーをつけっぱなしにするメリット・デメリット

では自転車のレインカバーをつけっぱなしにするメリット・デメリットを見てみたいと思います。

自転車のレインカバーをつけっぱなしにするメリット

・付けたり外したりする手間が省ける
・チャイルドシートの劣化を遅らせられる

付けたり外したりする手間が省ける

やっぱり一番は付けたり外したりする手間が省けるというところですね。

これはチャイルドシートのレインカバーにもよるかと思いますが、個人的には結構面倒だなと思いますね。

ちなみに私はOGK(オージーケー)のFBC用のRCFのチャイルドシートでなんですけど、私が使っているものは基本つけっぱなしで良いレインカバーなのかなと思います。

チャックが付いていてそれを外すくらいでしょうか。
結構つけるのも時間がかかりましたし、わざわざ全部外すとかしていたらもう本当にすごい手間です。

チャイルドシートの劣化を遅らせられる

レインカバーを付けておくことでチャイルドシートが雨風にさらされにくいので劣化はある程度防げるかと思います。

自転車置き場などに屋根がしっかりあるとなれば問題ないかと思います。

私のところは自転車置き場に屋根はありますが、吹きさらしでチャイルドシートにもかなり雨が当たるのでつけっぱなしにしようと思っていましたね。

ただ、チャイルドシートのレインカバーもものによっては意外に高かったりもするので価格次第でしょうか。

自転車のレインカバーをつけっぱなしにするデメリット

・レインカバーの劣化が早くなる
・盗まれる可能性がある

レインカバーの劣化が早くなる

レインカバーをつけっぱなしにするということはレインカバーの劣化も早くなりますね。

私的には後々チャイルドシートを今使っている自転車から別のきれいな自転車に付け替えたいと思っているので吹き曝しはネジの部分が錆びて外せないとかってなったら嫌なのでレインカバーが劣化してもレインカバーはつけっぱなしですね。

一体型の自転車の場合はチャイルドシートを守りたいですよね。

盗まれる可能性がある

さすがにほとんどないとは思いますが、盗まれる可能性はゼロではないですよね。

といって買い物とか行ってわざわざレインカバー外す人もほぼいないと思いますので盗まれたら盗まれたで運がなかったと思うしかないかもしれません。

自宅の自転車置き場で盗まれたらちょっとショックですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

自転車のレインカバーをつけっぱなしにするメリット・デメリットということで書きましたけど、

私のようなOGK(オージーケー)のレインカバーを付けている人で使うごとに全部外しているという方がいないように個人的には思います。
近所の人とかでも普通にレインカバーつけたまま置いている人ばかりかなという印象です。

ただ、私が使っているようなレインカバーは結構高いものも多くてチャイルドシートよりも高い場合もあります。

なのでチャイルドシートを守るのかレインカバーを守るのかというところになってきます。

ちなみに私のチャイルドシートは10,000円程度、レインカバーは安いものにして4,500円程度だったのでチャイルドシートを守ります。

レインカバーも本当にいろいろあって価格もピンキリなのでそれによってもかわってくるかと思います。

 

コメント